トマト銀行のありがとうキャンペーン

トマト銀行は創業以来25年を記念してありがとうキャンペーンを行っています。個人のお客様を対象に30万円以上のスーパー定期、スーパー定期300が対象になります。すでに預け入れてある定期預金は対象外です。預け入れ期間は1年または3年です。手続きは窓口でもATMでもできます。インターネット専用支店以外のすべての店舗で行われています。金利は0.25%で通常の普通預金や貯蓄貯金より高金利です。トマト銀行のありがとうキャンペーン期間は限定されていますので注意が必要です。トマト銀行は昭和6年11月に創業された銀行です。トマト銀行のシンボルマークはとてもユニークです。赤いトマトの実と放射線状の緑のがくにBANKの文字を合わせています。この絵文字はトマト銀行の進歩的でクリエイティブ、ユニークな活動を意味しています。通帳、看板、帳票、パンフレットなどに使用されています。社名の由来はトマトの持つみずみずしさ、新鮮さ、明るく健康的なイメージが企業イメージと合うという事から名がつけられました。平成元年に社名を変更した時、当時の銀行でカタカナ社名の銀行が珍しい時代でした。全国的に話題になり新聞、雑誌などでとりあげられその年の流行語大賞に選ばれました。ユニークな社名とシンボルマークは銀行の躍進する企業活動を展開する決意を表しています。ありがとうキャンペーンを利用して将来に備え貯蓄をするのに良い機会です。詳しい概要は店頭で説明書が用意されています。

トマト銀行の金利を味方に

バブル崩壊後の低金利で銀行に預金をしていても利息がほとんどつかない状況が続いています。しかし、昨今のインターネットの発展でネットバンクが登場し、実店舗を持つ銀行に比べて付与される利息が高いことから人気を得ています。トマト銀行は岡山県北区に本店を構え、岡山県内を中心に実店舗を60店舗持つ銀行ですが、インターネット支店も持っており、このトマト銀行インターネット専用ももたろう支店の口座での預金金利の高さが注目と人気を集めています。私たちになじみのある「ももたろう」に関連する「きびだんご」の名前をつけた定期預金は1年の金利が0.32パーセントや0.4パーセントと他銀行に比べて破格の高さで人気を得ています。申し込みはインターネットで簡単に口座を開くことができるのでわざわざ店舗まで足を運ぶ必要がないため、遠方に住む方でも利用可能です。また、銀行名とシンボルマークに真っ赤な「トマト」を採用することでもその意外性や可愛らしさでも話題を集めています。一度トマト銀行という名前を聞けば興味を持つ人は多いでしょう。トマト銀行の売りともいえる特徴の一つに、キャッシュカードとクレジットカード機能を1枚のカードに集約したMOTTOカードがあります。銀行のカードでありながら、キャッシングだけでなく、クレジットカードも兼ねるのでお財布のカードいれもすっきりするでしょう。カードの種類によっては国内海外旅行障害保険付きのものもあります。収入証明が必要になるのか否かもシッカリチェックしておかないといけません。参考URL:http://xn--lck0c6eya6bc6913cjl3ad9el2ktrciz1om8b.com/

トマト銀行の住宅ローンの審査に通るためのポイント

トマト銀行は、岡山市に本店を置く地方銀行です。トマト銀行の住宅ローンには、「スーパー」と「ハピネス」の2種類のプランがあります。「スーパー」のほうは、「前年度年収200万円以上」、「勤続年数1年以上または営業年数2年以上」といった条件がつきます。特に、「過去に不渡り、カード事故、ローン延滞、租税公課の延滞等の信用不安のない方」という信用情報についての条件がついていることが特徴的です。過去にローンで一回でも延滞をしていると審査に通らないことが伺えます。ただし、延滞をしたのが5年以上前である場合には、すでに信用情報から情報が消えていて大丈夫な場合もあります。住宅ローンでは、税金の滞納がバレてしまうことにも注意が必要です。「ハピネス」プランでは、金利条件は「スーパー」よりもやや下がりますが、「前年度年収100万円以上」となっており、信用情報についての条件もないことから、「スーパー」の審査に通らない人でも通る可能性があります。信用情報についての条件がないとはいえ、過去に延滞がある人が不利になることに変わりはないので、頭金を多めに用意するなど、審査で有利になるための工夫が必要になるでしょう。以上のように、トマト銀行は地方銀行なので、メガバンクや都市銀行に比べるとかなり住宅ローンの審査は柔軟であることがわかります。しかし、高級ローンであるため審査は決して優しくはありません。派遣社員や契約社員、自営業の人は職業の安定性という面で不利になるので、頭金を少なくとも1割~2割は用意しておくことがお勧めです。

トマト銀行には限度額の設定が

トマト銀行ではいろいろな場面においての限度額が設定されています。誰もが気軽に利用するキャッシュカードの1日あたりの利用限度額は以前は現金の引き出し、カードでの振込、振替の金額を200万円から100万円に変更されました。近年増加している振込め詐欺、偽造、盗難キャッシュカードによる被害から預金を守るための変更となりました。トマト銀行でのインターネットバンキングでは一回あたり、または1日あたりの限度額が以前は300万だったのが500万円を上限とする設定ができるようになっています。トマト銀行トマト・カードローン「キューリ」はトマト銀行のカードローンの中では最も高い1,000万円まで借りることができます。来店不要で契約ができて、融資額が300万円までの場合には収入証明書も不要です。そのうえに、融資額が200万円以下の時には契約時の即日振込も可能になります。利用できる方の対象も安定した収入があればパート、アルバイト、専業主婦の方も申し込みができます。トマト銀行トマト・カードローンMAXは借り入れの最大が500万円というのがあります。利用が可能なエリアが限定されていて、勤務先や住居が当銀行の営業エリアにあることとなります。申し込みはインターネット、電話、スマートホン、郵便、窓口、FAXと6種類があり、都合の良い方法で申し込むことができます。他にはトマト・カードローン「スピード王」があり、借入額が300万円までとなっています。1番の魅力は即日借入ができるとことです。

トマト銀行のマイカーローンの審査のポイント

トマト銀行のマイカーローンは、2015年9月現在金利3.3%~4.5%(変動金利)です。現在はキャンペーン中で、2016年3月31日までは金利が最大で1.35%お得になります。優遇金利が適用されるには、給与振込みをトマト銀行に指定しているなど、一定の条件が必要になる場合があります。そんなトマト銀行のマイカーローンは、申し込み条件に「継続して安定収入が得られる方」とありますが、勤務形態で「アルバイト不可」とか「年収200万以上」といった条件はついていません。よって、年収200万円未満のアルバイトでも可能性があることがわかります。マイカーローンでも、無理のない金額を借りることが大切です。トマト銀行では、年収条件や勤務形態の条件がついていないことから、低年収のアルバイトやパートでも無理のない金額ならば借りられることがわかります。返済計画をたてて、余裕をもって返済できる金額を計算しましょう。年収に対して借金の負担が大きい場合には、自分で貯金をして、借入する金額を減らすといいでしょう。他にカードローンなどの借金がある場合には、それを完済することでも返済の負担を減らせます。ある意味で最も重要なのが、個人信用情報です。過去に債務整理や滞納で金融事故を起こしている場合には、審査には通りません。過去に債務整理などをしていても、5年~7年が経過していて信用情報から記録が消えていれば大丈夫です。ブラック情報とまではいかなくても、クレジットカードの支払いで一回延滞しているだけでも審査では不利に働きますので、普段からこういった支払いでは延滞をしないように気をつけておくことが大切です。

トマト銀行のきゅうりは使えるカードローンです

トマト銀行は中国地方を中心に営業している地方銀行ですが小口の個人向け融資にも熱心な銀行です。その取り扱っている個人向けカードローンがきゅうりです。トマト銀行はもちろん銀行ですので銀行カードローンとして貸金業法の総量規制に制限されることのない自由な融資ができる大きな特徴があります。このために専業主婦にも融資できるカードローンとなっています。アルバイトやパートでも安定した収入があれば、収入証明書なしに300万円までの融資が可能です。また年収の1/3を超える融資も銀行の判断ですることができます。その銀行カードローンを店頭に行かなくても申し込めるようになっているのです。トマト銀行は融資に積極的な銀行ですが全国的に店舗を展開しているわけではありませんのできゅうりで口座開設からネットなどで申し込みが出来るようになっていることは近くに店舗のない顧客にとってとても便利に使えるということなのです。しかもきゅうりは最高1000万円までの融資を3.0%から14.5%の低い金利で利用できるようになっています。特に50万円以下の少ない金額でも14.5%と言う低い金利で利用できるたいへん魅力的なカードローンなのです。借入や返済も銀行口座を使って行いますが、ローンカードも発行されますので、ATMを利用していつでも必要なだけ借入、好きなだけ返済することができるようになっています。とてもお得に使える便利で使いやすいカードローンです。

ATM手数料が不要なトマト銀行カードローン

トマト銀行カードローン「キューリ」は、電話やインターネットからの申込が可能となっており、本国内在住の方で申込時の年齢が満20歳以上満68歳以下であること、更新時の年齢が満69歳以下であること、給与収入等の安定かつ継続的な収入のあること(アルバイトやパート勤務の方でも可)、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証が得られること、トマト銀行所定の融資条件を満たすこと、過去にトマト銀行で代位弁済等の事故がないこと、申し込みをした時点でトマト銀行での借入で延滞がないこと、という条件をすべて満たす方が貸付対象となっており、申込の際には担保や連帯保証人は不要です。契約期限は初年度1年となっており、以後は1年毎の審査のうえ、自動更新となります。ただし、満70歳以上の方の更新はできません。利用限度額は10万円~1000万円(10万円単位)まで可能となっていますが、保証会社の審査結果によっては利用限度額が減額される場合もあります。金利は固定金利3.0%~14.5%(実質年率)となっており、利用限度額によって変動します。また、延滞利率は14.5%(実質年率)となります。借入及び返済に関しては全国のセブン銀行ATM等のコンビニATMをはじめ、ゆうちょ銀行やイオン銀行等の提携ATMから可能となっています。借入及び返済時の手数料は不要です。約定返済日は毎月15日(銀行休業日の場合は翌営業日)となっています。

トマト銀行でインターネットに口座開設をする手順と必要なもの

トマト銀行は、岡山市に本店のある銀行です。近隣に住んでいなくてもインターネット専用の支店が設置されているので、そちらのサイトから口座開設の手続きをします。口座を作った後は、専用のホームページや提携のATMから利用することができます。インターネット専用の支店では、実際の店舗や窓口がなく、預金通帳や証書は発行されません。取引の照会は、利用者専用のサイトから確認できます。申し込みができるのは、日本国内に住む20歳以上の個人のみで、法人や事業に利用する口座の申し込みは認められていません。また、口座開設できるのは、総合ロ座普通預金と総合ロ座定期預金の2種類だけです。申し込みの手順は、トマト銀行の申し込み手続きのフォームに、所定の個人情報等必要事項を記入して送信します。トマト銀行から電話確認があった後、申し込み書が届きます。必要事項を記入し、印鑑を押した申し込み書に必要なものを同封してトマト銀行に送付します。不備がなければ約1から2週間後にキャッシュカードやインターネットバンキングに必要なカードが送付され、IDとパスワードを入力することで、無事に口座開設が終了します。申し込み書以外に必要なものは、本人確認の書類で、それぞれ1通ずつ、合わせて2種類の書類が必要です。学生が申し込む場合は、学生証のコピーも必要になります。1つは、公的な証明書の原本かコピーです。運転免許証、パスポート、健康保険証等のコピーか、住民票や印鑑証明書の原本のいずれかを用意します。もう1つは、公共料金の領収証や通知書の原本が必要です。利用者本人か同一の苗字の家族の住所氏名が記載されているものでないと認められません。添付する書類は、有効期限内のもの、もしくは6ヶ月以内に発行されたものにする必要がありますので、注意が必要になります。